PD-L1と出芽酵母の相互作用に関する新研究(AASJ)

from AASJ

PD-L1はT細胞の免疫抑制に関わることが知られていますが、最近の研究で、微生物を取り込んだ際にファゴゾーム内に現れ、カビや酵母に特異的に反応することがわかりました。この研究は、Cedars-Sinai医学センターが行い、PD-L1が特に出芽酵母に反応することを発見しました。

さらに、PD-L1は出芽酵母のリボゾームタンパク質と結合することが明らかになりました。この相互作用は、カビ類全般に広く見られる現象であり、Rpl20bと相互作用する能力はPD-L2にも見られます。

また、PD-L1とRpl20bの相互作用がIL-10転写抑制に関与していることが示唆されています。この研究は、カビ感染時の免疫応答について新たな知見を提供し、分子進化の観点からも興味深い結果をもたらしています。


*Disclamer:本キュレーションはAASJからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む