新しいフレキシブルな有機発光デバイスの開発に成功(NatureAsia)

from NatureAsia

「Nature Communications」に掲載された論文では、従来の伸縮性デバイスの問題点である解像度低下を改善した新しいフレキシブルな有機発光デバイスの構築が報告されました。この研究は、コンフォーマブル技術の開発に貢献する可能性があり、ウェアラブル技術や健康モニタリングなど幅広い用途に活用できることが期待されています。

従来のデバイスでは解像度の低下や作業領域の減少が起こるため、新しい3Dリジッド・アイランド・アレイを設計し、伸縮時に発光領域が内側に折りたたまれる仕組みを導入しました。この新しいデザインにより、ディスプレイの性能が高いまま歪んでも性能が維持されることが示されました。

この技術は、自由形状曲面に適応する高性能ディスプレイや照明ソリューションの開発にも応用できる可能性があります。Seunghyup Yooらの研究は、伸縮性ディスプレイ技術の進化に大きな影響を与えるかもしれません。


*Disclamer:本キュレーションはNatureAsiaからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む