新興企業の資金調達とインパクト投資の可能性(Crunchbase)

from Crunchbase

世界の新興企業の資金調達は低迷しており、起業家が投資を確保するのは難しい。しかし、持続可能な新興企業には、差し迫った社会問題や環境問題に取り組むことで、輝きを放つまたとない機会がある。

インパクト投資家を惹きつけるためには、新興企業は財務的な実行可能性と社会的・環境的効果との間に強い整合性があることを示さなければならない。成功につながる主な要因としては、明確な目的の明示、インパクトに焦点を当てた助成金やアクセラレーターへの参加、ネットワーキング・イベントへの積極的な参加、インパクト・パフォーマンスの測定メカニズムの確立などが挙げられる。

2024年に成長が見込まれるカテゴリーには、再生可能エネルギー、電気自動車、自律走行車、気候テック系スタートアップが含まれる。投資家が財務的リターンと並んで環境や社会的インパクトを優先しているため、持続可能な新興企業の見通しは明るく、有望である。


*Disclamer:本キュレーションはCrunchbaseからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む