ゴールドマン・サックス、サイクル終期で株式有利の局面を指摘(FinancialPointer)

from FinancialPointer

ゴールドマン・サックスは、現在がサイクル終期で株式有利の局面だとし、60/40ポートフォリオを推奨しています。現在の環境は利ザヤが拡大し、インフレが低下しており、リスク資産有利の環境に戻っていると述べています。また、技術革新も追い風になっていると指摘しています。

株価バリュエーションは高いものの、サイクル終期であることや民間セクターの健全な財務状況を考慮すると、極端に弱気になる必要はないとしています。ポートフォリオはグロース株、債券、実物資産の3分割が適切であり、特に株式への配分を増やすことで伝統的な60/40ポートフォリオに近づくことができるとしています。

また、債券の重要性やイールドカーブについても言及しており、リスクの管理やヘッジ手段の検討を勧めています。短期的なボラティリティがある中でも、長期的には60/40ポートフォリオに固執することが重要だと述べています。


*Disclamer:本キュレーションはFinancialPointerからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む