制御システムのシミュレーションフレームワークが外骨格の普及を加速する可能性示す(NatureAsia)

from NatureAsia

研究チームが開発した制御システムのシミュレーションフレームワークは、外骨格や人工装具などの装置の普及を加速させる可能性があることが、Nature誌に掲載された論文で示された。

外骨格は、人間の動作を向上させ、障害者の可動性を回復させる役割を果たすが、現在の制御装置はユーザーのニーズに合わせる課題がある。

今回の研究では、相互作用から学習するニューラルネットワークを使用し、外骨格の制御を実現する新しいフレームワークが開発された。

実験では、股関節外骨格を装着したユーザーが移動運動課題を実行し、制御装置の性能が検証された。その結果、制御装置はユーザーの代謝速度を歩行時に24.3%、ランニング時に13.1%、階段を昇る時に15.4%低下させ、ユーザーの支援に成功した。今後は、さらなる研究が必要であり、外骨格補助具の適用範囲を拡大していくことが求められている。


*Disclamer:本キュレーションはNatureAsiaからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む