幹細胞クローン増殖が老化と歯周病に関連することが判明(AASJ)

from AASJ

老化の生物学的指標の一つとして、幹細胞システムのクローン増殖が挙げられます。この研究では、血液を用いてクローン増殖を調べ、突然変異によって高まったクローンを特定しました。このクローン増殖は白血病だけでなく、動脈硬化を促進することもわかりました。

ペンシルバニア大学歯学部の研究では、クローン性造血が認められる人ほど歯周病が多いという観察を確かめるため、マウスを用いた実験を行いました。その結果、DNMT3A変異を持つ血液細胞が増殖能が高く、歯周病や骨の欠損を促進することが示されました。

実験では、DNMT3A変異を持つ個体では歯周炎や関節炎が悪化し、骨吸収が進行することが確認されました。さらに、DNMT3A変異によって白血球の浸潤や炎症性サイトカインの分泌が増加し、歯周病の悪化を引き起こすことが明らかになりました。

この研究から、DNMT3A変異によるクローン性造血が歯周病や骨の損失を促進することが示されました。また、mTOR阻害剤の投与によって歯周病の進行を抑えることも成功しています。今後、高齢者の歯周病治療においてクローン性造血を考慮する必要があるかもしれません。


*Disclamer:本キュレーションはAASJからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む