ラグラム・ラジャン教授、インド経済の方向性を提案(FinancialPointer)

from FinancialPointer

IMFチーフエコノミストであり、インド中銀総裁を務めたラグラム・ラジャン教授は、インド経済が進むべき方向性について提案しています。彼は、中国が製造業ジャイアントを目指すのではなく、インドはサービス業に注力すべきだと主張しています。

世界の需要には限界があり、製造業だけではなく、他の産業にも目を向ける必要があると指摘しています。日本も同様に、製造業の国内回帰は容易ではなく、需要の変化や競争力を考慮して適切な戦略が必要です。

また、世界の供給過剰や需要不足が進む場合、自由貿易の重要性が低下し、保護主義が広まる可能性があることも指摘しています。ラジャン教授の提案から、日本も他の産業や需要に目を向け、インドのようにサービス業や新たな分野に注力することが重要であると示唆されています。


*Disclamer:本キュレーションはFinancialPointerからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む