新興企業、コラボレイティブ・ロボティクスが1億ドルを調達(Crunchbase)

from Crunchbase

カリフォルニア州サンタクララを拠点とする新興企業、コラボレイティブ・ロボティクスはこのほど、ジェネラル・カタリストが主導するシリーズB資金調達ラウンドで1億ドルを調達した。2022年に設立された同社は、製造業、医療、小売業など様々な産業で人間と一緒に働くように設計された協働ロボット「コボット」の制作を専門としている。

これまでに総額1億4,000万ドル以上を調達したコラボレイティブ・ロボティクスは、人間レベルの能力を持つロボットを労働力に導入し、効率と費用対効果を改善することを目指している。この最新の資金調達ラウンドは、ロボティクス新興企業が多額の投資を集める傾向が強まっていることの一例に過ぎず、この業界では今年だけで総額24億ドルの資金調達が行われている。


*Disclamer:本キュレーションはCrunchbaseからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む