ジェレミー・シーゲル教授、S&P 500の上昇についてコメント(FinancialPointer)

from FinancialPointer

ジェレミー・シーゲル教授がCNBCでS&P 500の上昇についてコメントし、その姿勢が注目されています。シーゲル教授は、S&P 500が史上初めて5,000に達したことについて言及しました。彼は、2009年3月から15年間で年率16%以上の上昇を果たしたことを指摘しました。上昇が急すぎるのか、熱狂的なのかという質問に対し、彼は控えめなコメントを避けました。彼は、「もちろん繰り返しはしない。S&P 500はもっと穏やかな動きになるだろう」と述べました。

過去15年間の実質リターンは14%で、過去220年間の平均の2倍以上であることを指摘しながらも、株式が投資先として悪いとは言っていません。インタビュアーのスコット・ワプナーは、シーゲル教授に対して厳しい質問を投げかけましたが、シーゲル教授は笑顔を絶やさずに答えました。彼は超大型株がバブル状態にあるという意見に反論し、バリュー株や小型株の機会を強調しました。彼は大型株がクラッシュするとは言っていませんが、悪いことが集中しているなら逆の方にチャンスがあると述べました。

シーゲル教授が触れない分野には弱気が隠れている可能性があるとも言われています。


*Disclamer:本キュレーションはFinancialPointerからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む