催眠のかかりやすさと脳の関連性についての研究(AASJ)

from AASJ

この文章は、催眠術に関する短い論文を紹介するための導入部分です。著者は、催眠のかかりやすさに関する研究が短いために紹介することになったと述べていますが、それでもスタンフォード大学の論文は面白く、催眠の医療応用の可能性が示されていることがわかりました。

この論文では、催眠のかかりやすさが前帯状皮質と結合が強い左背外側前頭前野の活動と相関することが明らかにされています。そのため、この領域に刺激を与えることで催眠のかかりやすさに影響があるかどうかを調査しています。研究結果は、TMS処理後に催眠のかかりやすさが上昇することが示されています。また、その効果は1時間で減少するものの、傾向は残ることもわかりました。

この論文からは、催眠研究の進展や脳イメージングの利用、そして催眠のかかりやすさの回路が明らかになったことが分かります。


*Disclamer:本キュレーションはAASJからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む