土星の衛星ミマスの地下に海洋が存在する可能性が指摘される(NatureAsia)

from NatureAsia

土星の衛星ミマスの地下には海洋が存在する可能性があることが、論文で指摘されました。カッシーニ探査機から送られてきたデータの解析から、ミマスの地下海洋は比較的新しく、進化を続けていることが明らかになりました。ミマスの研究によって、氷天体の形成についての知識が増えるかもしれません。

他の衛星でも地下海洋の存在が示されていますが、それを検出することは難しいです。ミマスは他の氷衛星とは表面特性が異なるため、地下海洋の存在を検出するのは難しいとされています。しかし、Laineyらはカッシーニ探査機のデータを評価し、ミマスの回転運動と軌道の変化が内部の海洋の影響を受けていることを示唆しています。Laineyらの計算によると、ミマスの地下海洋は深さ約20〜30キロメートルの氷の殻の下に存在しており、約2500万〜200万年前に現れたと考えられています。

これにより、ミマスにおける最近の過程が他の氷天体の形成の初期段階に一般的に見られる可能性が示唆されています。


*Disclamer:本キュレーションはNatureAsiaからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む