マネーロンダリングにおける暗号通貨の利用は現金を下回ると報告書(CoinTelegraph)

from CoinTelegraph

米国財務省の報告書によると、マネーロンダリングにおける暗号通貨の利用は、現金の利用を「はるかに下回っている」という。

同報告書は、犯罪者が不正な資金洗浄を行う際には、依然として現金が好まれる選択肢であることを強調している。暗号通貨が違法行為に利用される可能性が懸念されているが、報告書はこうした懸念が誇張されている可能性を示唆している。

しかし、暗号通貨の匿名性とグローバルな性質が、法執行機関にとって課題となる可能性があることも認めている。

全体として、報告書は、米国におけるマネーロンダリングの主要な手段は依然として現金であることを示唆している。


*Disclamer:本キュレーションはCoinTelegraphからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む