PIMCOのエリン・ブラウン氏、米国株に強気の見通し(FinancialPointer)

from FinancialPointer

PIMCOのエリン・ブラウン氏は、米国株市場が史上最高値圏にあることへの懸念を払拭し、米国株に強気の見通しを述べています。彼は、S&P 500を分析し、バリュエーションが合理的であり、健全な経済から見て成長の見込みも合理的だと述べています。

ブラウン氏は、今年の米企業利益について、インフレの低下による利ざやの拡大、堅調な需要、AIなどの技術による生産性の向上によるコスト削減の余地という3つの要因から強気の見方をしています。彼は昨年11月には債券の魅力が高まっていると述べていましたが、その後、債券の利回りが低下し、魅力が下がったこともあるものの、彼の見方は大きく変わったと言えます。

また、彼は大型株と小型株の間の格差についても指摘しており、大型株には強いバランスシートと高い資金調達力を持つ企業が多い一方、小型株にはそうでない企業も多いと述べています。小型株にとってはFF金利の上昇も不利に働いているとのことです。

バリュエーションのギャップは金利の低下に伴い、より制約のある領域になるまで拡大し続けるでしょう。


*Disclamer:本キュレーションはFinancialPointerからピックおよび自動生成されました。正確な内容や詳細を知りたい方はリンク先の元コンテンツをご覧ください。

+ キュレーション元の記事を読む